2013/06/04

海へ




海岸沿いの坂道を自転車でかけおりる

その先に広がる白い砂浜
その先にこぼれ落ちる蒼い波

透明な水の中に透けて見える白い砂が
ぴかぴか水の中で ひかっているね

体をつつみこみそうな大きな浮輪にまたがって
きょうは 着古したTシャツを脱ぎ捨てよう

ほんの少し
疲れてきたように思った心を
思い切り洗濯して
お日さまの光で乾かしていこう

目を閉じて
海のそこに 深くもぐって
そしたら
心の細胞が少しだけ新しくなるかもしれない


そんなことを言ったら君は笑うかな
君はいつだってそこにいて
昨日はきっと
明日もあさっても

だからきょうは

海へ